テーマ:アマチュア無線

NWT4000(35MHz-4400MHz簡易スペアナ)使用レポート その2

前回、一通りの特性確認をして、改善箇所について確認が終わったので書きたいと思います。 いまのところは基本波の下側のIMは改善できないが、帯域幅を狭くすることと、センター周波数での落ち込みについては周波数の幅は改善できました。 本レポートちょっと修正しました。対策波形を追加しました。(別のレポートにするか悩んだのですが、こちらを修正し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トランジスタを使ったノイズ生成器試作

HF~数GHzまででちょっとしたフィルタや、アンプの特性確認を行うために使えるノイズ生成器を試作してみました。 ノイズ生成にはノイズダイオード、ツエナダイオード、トランジスタをつかった方法などありますが、今回はトランジスタをつかってみました。 また、ノイズを増幅するため、前回作成した広帯域増幅器(Gali-39+)を合わせてつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広帯域アンプ(Gali-39+)周波数特性

広帯域アンプ(Gali-39+)の周波数特性を測定したので以下に載せます。 30KHz~6GHzまで特性を測定しました。 測定器の周波数がリニア測定のため、レンジを3つに分けて測定したため、若干誤差が見られます。 NFも測定しましたがこれも手持ちのノイズ源と測定器の関係で10MHz~20GHzのため、途中から始まります。 ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RTL-SDR/HFCONV/広帯域アンプ作成

RTL-SDRが安価で感度も良く使えることがわかったので安定運用のため、すべてカタチのアルミダイキャストケースにいれ直し、また、発信器の改良を検討中のため、以下に紹介します。 構成はRTL-SDRとHFCONV、広帯域アンプ(Gali-39+)と9VACアダプタとなっています。 使用したアルミダイキャストケースは RTL-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more